フラメンコ・コンサート(東神奈川)


ヒラルディージョ・フラメンコ&ラテンライブvol.164
フラメンコ・コンサート

ヒラルディージョによる新型コロナウィルス対策については、「新型コロナウィルス感染予防対策」をご覧ください。

■日程
2020年10月25日(日)
13時30分開場 14時開演

■場所
神奈川区民文化センター かなっくホール
JR東神奈川駅、京急東神奈川駅から、連絡橋「かなっくウォーク」で徒歩1分
東急東横線東白楽駅 徒歩10分

■入場料 ※8月29日予約受付開始
前売券:2800円(全席自由) 当日券:3000円
※客席数が半分になる為、なるべく事前予約、購入をお願いします。事前購入やご予約などで定員数に達した場合は、当日券は販売いたしません。ご了承ください。
※未就学児は親子室への入場となります。要事前申込。現在コロナウィルス対策により1組限定ですので、ご希望の方はお早めにご予約下さい。
※車椅子対応席もあります。数に限りがありますので、ご希望の方はヒラルディージョ事務局までお問い合わせください。

■出演者
フラメンコギター:盛植俊介、Kinta Suzuki バイオリン:三木重人 パルマ&バイレ:三枝雄輔

■チラシ画像(クリックをすると原寸大の画像が開きます)






■詳細 
スペイン・アンダルシアで生まれたフラメンコの世界にようこそ!新型コロナウィルスによる活動休止からの再開となるフラメンコのコンサートを、第一線で活躍しているトップアーティストによりお届けします。
この逆境の中「フラメンコを、リアルの公演活動を諦めない」という意志の元、出演者それぞれが思いをこめ、そこでしか生まれない、聴いて、見て、感じていただくステージをお楽しみに!
なお今公演は、「横浜市文化施設における新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」に沿った舞台演出となることをご了承ください。

■チケット購入方法 ※8月29日予約受付開始
※カンフェティチケットセンター(セブンイレブン受け取り)での取り扱いはございません。以下の方法でお受けしております。

・かなっくホール受付にて販売。(窓口販売のみ)

・ホール受付にて購入できない方は、ヒラルディージョ事務局にて予約受付中。事前の振込か、当日会場にて前売料金をお支払いください。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
ヒラルディージョ事務局
電話:070-6632-8367
メール:info*giraldillo.org
(迷惑メール対策のため、@を*に置き換えています。メール送信の際は、*を@に置き換えてください。)

・デジタルチケット(Pass Market)にてチケットを購入、代金の支払い
デジタルチケットで予約し、クレジットカード(手数料無料)、もしくはコンビニ(別途手数料あり)での支払いの場合はこちらをクリック。※Yahoo!JAPAN IDが必要なため、お持ちでない方は、登録(無料)をお願いいたします。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓


・出演者も予約を受けていますので、お知り合いの方は、出演者に連絡をしていただいても構いません。

■主な出演者プロフィール
演者プロフィール


盛植俊介(フラメンコギター)
 学生時代に、パコ・デ・ルシア、ビセンテ・アミーゴ を聴き衝撃を受けフラメンコギターを始める。 スペインのマドリード、へレス、セビージャに3度の留学を果たす。 多くのアーティストに師事し、近年ではミゲル・デ・バダホス、アントニオ・レイ、歌伴奏を瀧本正信に師事する。フラメンコを様々な視点で勉強、追求し独自のフラメンコスタイルを磨きつつ、後進の指導も開始。 現在、都内のライブレストラン、発表会など全国各地のイベントに出演中。 多摩平フラメンコギター教室講師。
2017年BenitoGarciaスペイン・コルドバ公演に出演。
NHK衛星第2の「Bsふれあいホール」 舞踊家アントニオアロンソの伴奏で出演。テレビ朝日「遺留捜査2」第3話出演。 テレビ東京「出没!アド街ック天国」月島特集時出演。
多摩平フラメンコギター教室(外部リンク)


Kinta Suzuki(フラメンコギター)
フラメンコの鬼才イスラエル・ガルバン氏のクラスでギター伴奏をつとめながら、彼の前衛的なフラメンコを直接学ぶ。スペイン、フラメンコの本場ヘレス・デ・ラ・フロンテーラにあるサンティアゴ地区のフラメンコギターを、セバスチャン・チャノカラスコ氏、ノノ・ヘロ氏に師事。まるでサンティアゴのギタリストのような、自然に身に付いたリズム感を、自身の音楽的な背景でもあるゲーム音楽と組み合わせた壮大な舞踊伴奏を得意とする。来日するスペイン人アーティストの公演、ワークショップ等に呼ばれ、アーティストからの信頼も厚い。


三木重人(バイオリン)
神戸出身。幼少より音楽、バイオリンに親しむ。後にフラメンコと出会い、踊り伴奏に傾倒。スペインへの渡航を繰り返し研鑽を積む。そのスタイルは高いフラメンコ性と音楽性に裏付けられ、多くのスペイン人、日本人アーティストと共演。舞踊伴奏におけるバイオリンの可能性を追求しつつ、東京を中心に全国の舞台で活動している、希少なフラメンコのバイオリニスト。


三枝雄輔(パルマ&バイレ)
1980年4月12日東京生まれ。12歳からスペイン・バレンシアに住む。21歳の時、ベニート・ガルシアの踊りに感動しフラメンコをはじめる。セビージャにて、ファルキートに感激し、トロンボに真髄を教わる。バイラオール(踊り手)としてだけではなく、リズムを手拍子で作り出すパルメーロとしても活躍中。日本人離れした感性で国内外の様々なアーティストから高い評価を得ている。2005年日本フラメンコ協会新人公演にて奨励賞を受賞。06年文化庁海外留学派遣制度の研修員として2年間渡西。08年スペイン・バレンシア州カステジョン県フラメンコ・コンクール優勝。
三枝雄輔オフィシャルサイト(外部リンク)

■ヒラルディージョ事務局
神奈川県横浜市港南区港南台5−15−30
TEL:070−6632−8367
MAIL:info*giraldillo.org
(迷惑メール対策のため、@を*に置き換えています。メール送信の際は、*を@に置き換えてください。)