フラメンコ・チャリティコンサート(東神奈川)


ヒラルディージョ・フラメンコ&ラテンライブvol.162
フラメンコ・チャリティコンサート

■日程
2020年3月22日(日)
13時30分開場 14時開演

■場所
神奈川区民文化センター かなっくホール
JR東神奈川駅、京浜急行仲木戸駅から、連絡橋「かなっくウォーク」で徒歩1分
東急東横線東白楽駅 徒歩10分

■入場料 
前売券:2500円(全席自由) 当日券:3000円
※事前購入やご予約などで会場の定員数に達した場合は、当日券は販売いたしません。ご了承ください。
※未就学児は親子室への入場となります。要事前申込。定員はすくないので、ご希望の方はお早めにご予約下さい。
※車椅子対応席もあります。数に限りがありますので、ご希望の方はヒラルディージョ事務局までお問い合わせください。

■出演者
カンテ(歌):大渕博光 バイレ(踊り):やのちえみ、市川幸子 バイオリン:三木重人 フラメンコギター:久保守

■チラシ画像(クリックをすると原寸大の画像が開きます)






■詳細
スペイン・アンダルシアで生まれたフラメンコの世界にようこそ!今回は、日本を代表するカンタオール(男性フラメンコ歌手)大渕博光のもとに日本の第一線で活躍中のミュージシャン、ダンサーたちが集まり、白熱のステージをお届けします。
心の奥底から訴えかける歌声、人々を魅了する踊り、乾いた音色でリズムを刻むギター、そこにバイオリンの旋律やパルマ(手拍子)が加わり、踊りはもちろん、歌や演奏もお楽しみいただける舞台となります。初めての方もぜひお越しください。
なおコンサートの収益の一部は、ヒラルディージョの震災復興支援事業に利用させていただきます。

■出演者の写真、音源など
ユーチューブで今回出演されるアーティストの動画がありますので、興味がありましたらご覧ください。こちらは外部リンクになります。
ソレア(バイレ・踊り:市川幸子 ギター:久保守)

■チケット購入方法 
※カンフェティチケットセンター(セブンイレブン受け取り)での取り扱いはございません。以下の方法でお受けしております。

・かなっくホール受付にて販売中。(窓口販売のみ)

・ホール受付にて購入できない方は、ヒラルディージョ事務局にて予約受付中。当日会場にて、前売料金をお支払いください。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
ヒラルディージョ事務局
電話:070-6632-8367
メール:info*giraldillo.org
(迷惑メール対策のため、@を*に置き換えています。メール送信の際は、*を@に置き換えてください。)

・出演者も予約を受けていますので、お知り合いの方は、出演者に連絡をしていただいても構いません。

■主な出演者プロフィール
演者プロフィール


大渕博光(カンテ・唄) 大渕博光・オフィシャルサイト(外部リンク)
 全国的に活躍する、数少ない日本人男性カンタオール。オリジナリティーのある歌い口と、様々なジャンルの音楽に精通した創造性の高いアプローチで、他とは一線を画す存在感を放っている。演出にも力を発揮し、2016年には金沢市の文化事業においてフラメンコ作品「踊り候え〜鴨居玲へのオマージュ〜」を演出、好評を得る。またシンガーソングライター、ボイスパフォーマーとしての活動も活発で、楽曲提供、映画?CM、有名アーティストとの共演の他、2005年にはキングレコードからソロアルバムをリリース。現在までに3枚のリーダーアルバムを発売するほか多数のアルバムの参加している。現在は、ピアノフラメンコユニット「LS3」(ピアノ・斎藤タカヤ、ダンス・やのちえみ)、スパニッシュ・ラテンミクスチャーユニット「SociedadSecreta」(ベース・澁谷和利、パーカッション・伊波淑)を率いて、精力的にライブ活動を続けている。

・リーダーアルバム
2005年 ESTE AMOR(キングレコード)
2009年 KENO KENO KENO(ディスコ・マチェテ/アオラレコード)
2011年 UNO y TRES(ディスコ・マチェテ/アオラレコード)
2012年 【DVD】LIVE at STB139(ディスコ・マチェテ/アオラレコード)
・これまでの共演者
福耳、杏子、藤井摂、伊藤寛康、奥山勝、スパニッシュコネクション、ペッカー、斎藤タカヤ、矢吹卓、スティーブ・サックス、澁谷和利、伊波淑


やのちえみ(バイレ・踊り) やのちえみオフィシャルサイト(外部リンク)
やのちえみフラメンコ教室主宰。洗足学園音楽大学・ダンスコース非常勤講師。
 東大フラメンコ部でフラメンコを始める。卒業後4年間の会社勤務を経てスペイン留学。その後2007年にプロダンサーとしてデビュー。都内を中心に精力的にライブ活動を行っている。凛々しくストイックな姿の中にも優雅さやユーモアを持ち合わせるダンススタイルと、エンターテナーとして誰もが楽しめるステージングが持ち味。
 2011年には川崎市元住吉に自己のダンススタジオを構え、後進の指導に力を注ぐ傍ら、2016年にはフラメンコの普及と地元活性化を目指したプロジェクト「もとすみフラメンコ」を立ち上げている。
 またピアノ・斎藤タカヤ、歌・大渕博光とともに組んだピアノ・フラメンコのユニット「LS3」でのライブ活動の他、日本ラテンボーカル界のレジェンド・YOSHIRO広石との共演などその活動はジャンルを超えて多岐に渡る。


市川幸子(バイレ・踊り) 市川幸子フラメンコ教室(外部リンク)
静岡出身、東京在住。2002年マルワ財団第1回コンクールでソロ部門入賞・LasChispasでグループ部門審査員特別賞受賞。03年ANIF日本フラメンコ協会新人公演奨励賞受賞。その後も渡西を繰り返し修練を重ね、内に秘めた強さと一瞬にみせる美しさをもって人々を魅了する。11年に静岡に自身のスタジオ"Zarcillo"をオープン。14年、16年にはAloraテアトロセルバンテス(スペインマラガ県)で公演、好評を博す。古き良きフラメンコを追い求め、現在は東京と静岡を中心に公演・教授活動を行っている。


久保守(フラメンコギター)
京都出身。中学時代にエレキギターを始め、大学時代にフラメンコギターに出会い、名古屋の山田美治氏に師事する。2000年より一年間スペイン・セビージャにて生活し、ラモン・アマドール、カルロス・エレディア、マルティン・チコ等、ヒターノのギタリストに師事する。またセビージャの春祭りへの出演、地元ミュージシャンとの交流を経て帰国。12年より拠点を東京に移し、14、16年にはスペインマラガ県アロラにて、「Japon en Alora」日本人によるフラメンコ公演を企画、出演し好評を博す。全国のライブ、イベント、発表会等で活動中。


三木重人(バイオリン)
神戸出身。幼少より音楽、バイオリンに親しむ。後にフラメンコと出会い、踊り伴奏に傾倒。スペインへの渡航を繰り返し研鑽を積む。そのスタイルは高いフラメンコ性と音楽性に裏付けられ、多くのスペイン人、日本人アーティストと共演。舞踊伴奏におけるバイオリンの可能性を追求しつつ、東京を中心に全国の舞台で活動している、希少なフラメンコのバイオリニスト。

■ヒラルディージョ事務局
神奈川県横浜市港南区港南台5−15−30
TEL:070−6632−8367
MAIL:info*giraldillo.org
(迷惑メール対策のため、@を*に置き換えています。メール送信の際は、*を@に置き換えてください。)