西澤守タンゴデビュー35周年コンサート(東神奈川)


ヒラルディージョ・フラメンコ&ラテンライブvol.164
西澤守タンゴデビュー35周年コンサート

■日程
2020年4月26日(日)
13時30分開場 14時開演

■場所
神奈川区民文化センター かなっくホール
JR東神奈川駅、京浜急行仲木戸駅から、連絡橋「かなっくウォーク」で徒歩1分
東急東横線東白楽駅 徒歩10分

■■入場料 
前売券(全席指定):3000円(税込・発券手数料込) 
かなっくホール座席表(PDFファイル・外部リンク)

※未就学児は保護者と共に親子室への入場となります。要事前申込。定員はすくないので、ご希望の方はお早めにご予約下さい。
※車椅子スペースもあります。数に限りがありますので、ご希望の方はヒラルディージョ事務局までお問い合わせください。
※チケット購入後のキャンセル、座席数、座席番号の変更、他公演へのチケットの振替、交換は、一切お受けできません。
※やむを得ぬ事情で公演が中止となった場合、チケット代金以外の返金、補償はできませんので、ご了承ください。

■出演者
歌:西澤守 コントラバス:吉田水子 ギター:竹内永和 ヴァイオリン:石井有子 バンドネオン:小川紀美代 ダンスペア:ケンジ&リリアナ

■チラシ画像(クリックをすると原寸大の画像が開きます)






■詳細
アルゼンチンのブエノスアイレスで生まれたタンゴの世界へようこそ!今回は、日本を代表するタンゴ歌手西澤守のタンゴデビュー35周年コンサートを開催。
弦楽器と歌のタンゴカルテット「クアトロ・ビエントス」(メンバー:西澤守、吉田水子、石井有子、竹内永和)の演奏を中心に、18年アニバル・トロイロのバンドネオンが来日した時、そのバンドネオンを演奏した小川紀美代、日本はもちろん世界で踊るダンスペア「ケンジ&リリアナ」など、多彩なアーティストが出演。
多くのタンゴファンはもちろん、初めての方も楽しんでいただける内容を予定しておりますので、ぜひお越しいただき、この記念公演を盛り上げてください。

■出演者の写真、音源など
ユーチューブで今回出演されるアーティストの動画がありますので、興味がありましたらご覧ください。こちらは外部リンクになります。
わが懐かしのブエノスアイレス(歌:西澤守)
小雨降る径(歌:西澤守)

■チケット購入方法 

・かなっくホール受付にて販売。(窓口販売のみ・直接受付にお越しいただき、チケットを購入)

・チケットオンライン、カンフェティチケットセンターにて予約、5日以内にセブンイレブンで代金の支払い、チケットの発券をお願いいたします。

チケットオンラインで予約し、セブンイレブンで代金を支払い、チケットを受け取る場合はこちらをクリック。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓


電話で予約して、セブンイレブンで代金を支払い、チケットを受け取る場合は、書くものを用意して、こちらへご連絡ください。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
・カンフェティチケットセンター
フリーダイヤル:0120-240-540
営業業時間:平日10時〜18時(土曜日・日曜日・祝日は休み)

詳細は、チケット購入方法のページをご覧ください。

・お近くにセブンイレブンがない方、ホール受付にて購入できない方は、ヒラルディージョ事務局にて電話、メールで予約受付中。

電話でお申込みの場合:予約を受けた座席番号などを記載した葉書を郵送します。当日会場に葉書を持ってお越しいただき、チケット代金はその時、会場受付にてお支払ください。

メールでお申込みの場合:予約を受けた座席番号などを記載したメールを返信します。当日会場受付でメールをスタッフに提示ください。チケット代金はその時、会場受付にてお支払ください。

※この方法で予約をお受けし、当日来場されなかった場合、後日、チケット代金のご請求をさせていただきます。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
ヒラルディージョ事務局
電話:070-6632-8367
メール:info*giraldillo.org
(迷惑メール対策のため、@を*に置き換えています。メール送信の際は、*を@に置き換えてください。)

・出演者も予約を受けていますので、お知り合いの方は、出演者に連絡をしていただいても構いません。

■主な出演者プロフィール


西澤守(歌)
 1980年にポップス歌手としてレコードデビュー。83年に中川美亜と出会い、本格的にタンゴ歌手の道を歩む。84年ホルヘ・ドラゴーネ楽団のステージでデビュー。90年にアルゼンチンに渡り、テアトロ・サンマルティンにて中川美亜とともにコンサートを行い好評を得る。その後、国内外の多数のタンゴミュージシャンと共演し、その甘く語りかけるような歌声は、ワルテル・リオスやホルヘ・ドラゴーネからも「ハートを伝えられる数少ない歌手」と絶賛された。国内では数少ない男性タンゴ歌手のひとりである。


吉田水子(コントラバス) 吉田水子企画(外部リンク)
 東京藝術大学・桐朋学園大学研究科卒。ドイツ奏法、フレンチ奏法、タンゴ奏法を習得。クラシックのソロから室内楽、タンゴまで幅広いジャンルで活動。音楽創造団体「吉田水子企画」を主宰し“おんがくおしばい『おじゃま猫とたまご』”等、心安らぐ親子向け音楽作品を制作、『2020国際子どもと舞台芸術・未来フェスティバル』等のフェスティバルや訪問公演で全国上演中。2018年4月から俳優・井上弘久氏の“独演『椿の海の記』(石牟礼道子原作・全11章)”の音楽を担当・共演、連続上演している。


石井有子(ヴァイオリン)
 国立音楽大学器楽学科卒業。堀伝氏(元NHK交響楽団コンサートマスター)らに師事。久石譲初監督映画「カルテット」、宝塚歌劇、大地真央主演ミュージカル「風と共に去りぬ」などに参加。以後、「吉田正記念オーケストラ」、歌声喫茶「ともしび」での演奏などさらに活動の幅を広げ、柔らかく美しい音色と、歌心溢れる演奏で定評を得る。近年はアルゼンチンタンゴを中心に演奏活動を行い、12年よりピアニスト金益研二と共に独自の世界を表現する自主企画「ささやきのタンゴ・シリーズ」の公演を行っている。


竹内永和(ギター・ヴォーカル)
1980年第5回ギター音楽大賞受賞(日本ギタリスト会議主催)、第7回ギターコンクール第1位(読売新聞社、よみうりテレビ、日本ギターコンクール協会主催)。第25回東京国際ギターコンクール第3位(日本ギター連盟主催)。ホセ・ルイス・ゴンサレスなどのマスタークラスで研鑽を積み、コンサート活動を開始。アレンジャーとしても、スウェーデンのギタリスト、イョラン・セルシェルのビートルズアルバムにアレンジを提供(ドイツグラモフォンより、ワールドリリース)。2003年ピアニスト、下森佳津美とデュオ・シルフィードを結成し、3枚のアルバムを発表。音楽関係各誌にて高い評価を受ける。近年ではオーケストラとの共演も多く、多彩なアーティストとのアンサンブルでも活躍。洗足学園音楽大学ギター科編曲法講師。


小川紀美代(バンドネオン) 小川紀美代ウェブサイト(外部リンク)
 バンドネオンの音色に魅せられて、ほぼ独学で奏法を学び始め2001年単身ブエノスアイレスに渡る。03年アルゼンチン最大の音楽祭「コスキンフェスティバル」に日本代表として出演。10年には在ボリビア日本国大使館主催、在外公館文化事業コンサートでも好評を博す。07年からは韓国、香港、マレーシア等のアートフェスティバルに招聘される等、アルゼンチンタンゴに限らず演劇やダンス、現代美術等とのコラボレーションに積極的に取り組む。ライフワークとしているバンドネオンソロは、ヨーロッパでも高い評価を受ける。17年「コスキンフェスティバル」に再び日本代表として出演。ブエノスアイレスでのコンサートでは現地ミュージシャンや日系移民の歓迎を受ける。18年2月ブエノスアイレスにて伝説のバンドネオン奏者アニバル・トロイロが実際に使用した愛器(アルゼンチン国立タンゴ博物館所蔵)でレコーディング、7月にCD“sola en Buenos Aires , yo estoy aqui 〜アニバル・トロイロに捧ぐ”をリリース。10月にはそのバンドネオンでの日本ツアーを企画、開催。またバンドネオンオーケストラ「蛇腹隊」を主宰するなど、後進の育成にも力を注ぐ。


ケンジ&リリアナ(ダンスペア) lilikenclub(ケンジ&リリアナ・オフィシャルサイト・外部リンク)
古典タンゴからタンゴモデルノまで、あらゆるタンゴの表情を伝えられるダンスカップル。2001〜2003年ロンドンインターナショナルタンゴフェスティバ、2004年パリグランミロンガ2005〜06年ベオグラードタンゴフェスティバル、2007~08年日本ワールドタンゴフェス、2009〜11年ブエノスアイレス プルポズウィークフェスに講師、パフォーマーとして招聘される。
毎年2度ブエノスアイレスのミロンガでのエキシビションに出演。主だったタンゴミュージシャンのライブ、コンサートに出演し、過去3回トリオ・ロス・ファンダンゴスとブエノスアイレス公演を行い、国内においても「タンゴの節句ツアー」を14年続けている。またミユキタンゴ五重奏と毎年全国ツアーを行い 日本各地にタンゴの音色とダンスを届けている。
タンゴ雑誌  ロンドン「タンゴレビュー」 ブエノスアイレス「エルタンガウタ」の表紙を飾る。
タンゴの神、革命者と称される、ファン・カルロス・コペスに「ブエノスアイレスの反対側で、ケンジとリリアナのかくも斬新で深い魅力あふれるタンゴに出会えたことは大きな喜びだ。」と賞賛される。

■ヒラルディージョ事務局
神奈川県横浜市港南区港南台5−15−30
TEL:070−6632−8367
MAIL:info*giraldillo.org
(迷惑メール対策のため、@を*に置き換えています。メール送信の際は、*を@に置き換えてください。)