午後のアルゼンチンタンゴ(戸塚)


ヒラルディージョ・フラメンコ&ラテンライブvol.206
午後のアルゼンチンタンゴ
トルカタンゴトリオ&長浜奈津子・コンサート

■日程
2024年10月20日(日)
13時30分開場 14時開演

■場所
戸塚区民文化センター さくらプラザ・ホール
JR戸塚駅西口 徒歩3分 戸塚区総合庁舎4階

■入場料 ※7月20日予約受付、チケット販売開始
前売券:2400円(全席自由) 当日券:2800円
※事前購入や予約などで座席数に達した場合は、当日券は販売いたしません。ご了承ください。

※やむを得ぬ事情で公演が延期、中止となった場合、チケット代金、発券手数料以外の返金、補償はできませんので、ご了承ください。

※未就学児は親子室への入場となります。ご希望の方は、ヒラルデイージヨ事務局まで事前申込をお願いいたします。ご希望の方はお早めに。

※車椅子対応席もあります。数に限りがありますので、ご希望の方はヒラルディージョ事務局まで事前申込をお願いいたします。

■出演者
池田達則(バンドネオン)、専光秀紀(ヴァイオリン)、宮沢由美(ピアノ)、長浜奈津子(歌・語り)

■チラシ画像(クリックをすると原寸大の画像が開きます)


チラシ表 チラシ裏

■詳細

昨年好評だった、アルゼンチンタンゴの演奏と歌を楽しんでいただくコンサートの再演が、戸塚で決定!

バンドネオン奏者池田達則、ヴァイオリニスト専光秀紀、ピアニスト宮沢由美が、「トルカタンゴトリオ(Torqua Tango Trio)」を新たに結成。Torqua (トルカ) は、「トーチ・松明」)の語源となるラテン語のひとつで、「同じ志を持った仲間たちが、トーチの光をシンボルにして、新しい道を切り開いて前進していく」という思いを込め命名しました。

このトリオと劇団俳優座の女優でもあるタンゴ歌手、長浜奈津子が、語りと歌でタンゴの世界に誘い、古典タンゴからモダンタンゴまで、多彩で多くの人を魅了する名曲の数々をお届けします。

■イベント、コンサートのチラシの折込を希望される方は、こちらをご覧ください。
公演で配布するプログラムへのコンサートチラシ折込

■チケット購入方法 ※7月20日予約受付、チケット販売開始

※新型コロナウィルス感染予防の一環として、公演当日、体調不良の方の来場はご遠慮下さい。チケット購入済の方は、開演前までにご連絡いただければ、別の主催公演への振替、もしくは返金対応とさせていただきます。返金を希望される場合、発券手数料は、返金の対象とはなりません。口座への返金を希望される場合、チケットを事務局に送る送料はご負担いただきます。送金手数料を引いた金額を返金いたします。詳細については、ヒラルディージョ事務局までお問い合わせください。

さくらプラザ受付にて販売。(窓口販売のみ・手数料無料・休館日などにご注意ください。)

・チケットオンライン、カンフェティチケットセンターにて予約、5日以内にセブンイレブンで代金の支払い、チケットの発券をお願いいたします。(別途発券手数料220円/1枚)
チケットオンラインで予約し、セブンイレブンで代金を支払い、チケットを受け取る場合はこちらをクリック。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   

電話で予約して、セブンイレブンで代金を支払い、チケットを受け取る場合は、書くものを用意して、こちらへご連絡ください。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
・カンフェティチケットセンター
フリーダイヤル:0120-240-540
営業業時間:平日10時〜18時(土曜日・日曜日・祝日は休み)

・デジタルチケット(Pass Market)にてチケットを購入、代金の支払い
デジタルチケットで予約し、クレジットカード(手数料無料)、もしくはコンビニ(別途手数料あり)での支払いの場合はこちらをクリック。
※Yahoo!JAPAN IDが必要なため、お持ちでない方は、登録(無料)をお願いいたします。
※パスマーケットの販売方法が一部変更となり、Yahoo!JAPAN IDでのログインが必須となり、Yahoo!JAPAN IDをお持ちでない方は、購入できなくなりましたこちらで購入が難しい方は、ヒラルディージョへご連絡下さい。
※当日は、スマホをお持ちいただくか、プリントアウトした用紙をお持ちいただき、チケット画面をスタッフにご提示ください。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓ 


・カンフェティ、デジタルチケット、ホール受付にて購入できない方は、ヒラルディージョ事務局にて予約受付中。事前の振込か、当日会場にて前売料金をお支払いください。
チケット郵送を希望される場合、送料はヒラルディージョ負担、振込手数料はお客様負担でお願いしております。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
ヒラルディージョ事務局
電話:070-6632-8367
メール:info*giraldillo.org
(迷惑メール対策のため、@を*に置き換えています。メール送信の際は、*を@に置き換えてください。)

■出演者プロフィール


池田達則(バンドネオン)
16歳でバンドネオンを始め『オルケスタティピカ東京』の岡本昭氏にバンドネオンを師事する。洗足学園音楽大学に入学し大学在学中に初めてアルゼンチンへ渡り、フリオ・デ・カロ楽団やオスバルド・フレセド楽団に在籍していたマルコス・マドリガル氏に師事する。卒業後様々なミュージシャンと共演し続け、2010年にコロールタンゴのロベルト・アルバレス氏に師事し、12年コロールタンゴで演奏する。同年、飛鳥Uワールドクルーズに乗船しタンゴショーを行う。現在も「Mentao」のリーダーとして活動中。


専光秀紀(ヴァイオリン)
3歳からヴァイオリンを始める。東京音楽大学卒。クラシックを三本克郎、篠崎功子に師事。大学在学中より、小松亮太オルケスタティピカツアーに参加し音楽活動を開始。タンゴの世界に深く傾倒する。2012年アルゼンチンに渡りアリエル・エスパンドリオ、ガブリエル・リーバス、パプロ・アグリに師事。日本では数の少ないコルネットヴァイオリンも演奏する。現在、メンターオ、小松真知子タンゴクリスタル等、様々なタンゴシーンで活躍中。


宮沢由美(ピアノ)
神奈川県横浜市出身。4才よりクラシックピアノを習い始める。国立音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ卒業。ピアノを松原緑氏、鵜飼英子氏に師事。日本のタンゴ界の巨匠、西塔祐三氏に見出され、1999年「西塔祐三とオルケスタ・ティピカ・パンパ」のメンバーとなりタンゴデビュー。以来、同楽団のピアニストを務めている。2003年に西塔氏の勧めにより「チコス・デ・パンパ」を結成。リーダーを務め全国各地でコンサート・ライブを行う。12年、14年と横浜みなとみらいホール大ホールでのアルゼンチンタンゴコンサートに出演し、菅原洋一氏と共演する。その出会いをきっかけに、14年9月より「世界のタンゴ」コンサートシリーズが始まり、毎回著名な歌手をゲストに迎え、2ヶ月に1回のペースで都内近郊のホールでコンサートを定期的に開催、好評を得ている。ダリエンソ・スタイルのピアニストとして定評があるが、21年12月座・高円寺2で上演されたアストル・ピアソラ生誕100周年記念、歌劇「ブエノスアイレスのマリア」のピアニストに抜擢され、高い評価を受ける。また、幼少の頃習っていたクラシックバレエの経験を生かし、バレエやダンスとのコラボレーション作品にも多数出演している。22年4月にはチコス・デ・パンパとしては初のタンゴダンスショー「ダンス!ダンス!ダンス!」を開催し大成功を収め、新たなコンサートシリーズがスタートした。


長浜奈津子(俳優座女優・タンゴ歌手)
桐朋学園大学短期大学部芸術科 演劇専攻科にて、声楽を築地久仁世氏に学ぶ。女優として演劇や朗読の舞台で活躍。独学でタンゴを歌っていたが、2005年7月アルゼンチン首都ブエノスアイレスへ短期留学。コロン劇場の俳優でボイストレーナー、オスカル・アミルカル氏の個人スタジオにて学ぶ。2002〜17年バンドネオン奏者の田辺義博氏主宰「エスタモス・アキタンゴ楽団」にて15年間、タンゴ歌手として活動。原語(スペイン語)で歌い詩を語り、アルゼンチンタンゴ歌のドラマへ聴き手を誘う。現在ライブハウスなどで歌手活動する他、アルゼンチンタンゴ 歌の教室(荻窪・浦和)、タンゴ歌のサークル(行徳)、プライベートレッスン、オンラインにてタンゴ歌の指導をしている。ヒラルデージョ主催タンゴコンサートへも多数出演している。

■ヒラルディージョ事務局
神奈川県横浜市港南区港南台5−15−30
TEL:070−6632−8367
MAIL:info*giraldillo.org
(迷惑メール対策のため、@を*に置き換えています。メール送信の際は、*を@に置き換えてください。)