午後のアルゼンチンタンゴ(本郷台)


ヒラルディージョ・フラメンコ&ラテンライブvol.147
午後のアルゼンチンタンゴ
〜歌・ヴァイオリン・ピアノによるコンサート〜
※こちらの催し物は終了しました。今後の予定は「コンサート・イベント情報」をご覧ください。

■日程
2018年11月18日(日)
13時30分開場 14時開演

■場所
栄区民文化センター リリスホール
JR京浜東北線・根岸線 本郷台駅 徒歩3分

■入場料 
前売券:1500円(全席自由) 当日券:2000円
※事前購入やご予約などで会場の定員数に達した場合は、当日券は販売いたしません。ご了承ください。
※未就学児は親子室への入場となります。要事前申込。定員はすくないので、ご希望の方はお早めにご予約下さい。
※車椅子対応席もあります。数に限りがありますので、ご希望の方はヒラルディージョ事務局までお問い合わせください。

■出演者
歌・語り:長浜奈津子 ヴァイオリン:瀬尾鮎子 ピアノ:丸野綾子

■チラシ画像(クリックをすると原寸大の画像が開きます)






■詳細
今年3月に長津田で好評たっだカジュアルコンサートの本郷台での公演が決定!構成や内容をさらにヴァージョンアップし、より楽しんでいただける舞台をお届けします。

アルゼンチン・ブエノスアイレスで生まれたタンゴを気軽に楽しんでいただくカジュアルコンサート。タンゴのことをよりわかっていただけるように、演奏や歌はもちろん、それぞれの曲やタンゴの歌詞についての話も織り交ぜながらお届けします。躍動するリズムと美しくもありどこか物悲しい旋律、哀愁の中にも意志を感じさせる歌声。
豊かに響き、音に包まれる空間で情熱的なタンゴの世界をお楽しみに!

なお必要経費以外の収益は、ヒラルディージョのおこなっている震災復興支援事業
に使わせていただきます。

■チケット購入方法 
※カンフェティチケットセンターでの取り扱いはございません。以下の方法でお受けしております。

・リリスホール受付にて販売中。(窓口販売のみ)

・ホール受付にて購入できない方は、ヒラルディージョ事務局にて予約受付中。当日会場にて、前売料金をお支払いください。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
ヒラルディージョ事務局
電話:070-6632-8367
メール:info*giraldillo.org
(迷惑メール対策のため、@を*に置き換えています。メール送信の際は、*を@に置き換えてください。)

■主な出演者プロフィール


長浜奈津子(歌・語り)
桐朋学園演劇科卒業後、劇団「劇団俳優座」へ。現在は女優・歌手として活動、朗読公演へも多数出演。2002年タンゴに出会い、情熱的でセンティミエントに溢れる音楽とドラマに魅了され、独学で歌い始める。03年よりバンドネオン奏者・作曲家の田辺義博氏主宰のタンゴ楽団「エスタモス・アキ」にて本格的に歌手活動を開始。05年アルゼンチンに渡る。詩情あふれるタンゴの詩を語りながら歌の世界へと誘う.
長浜奈津子ウェブサイト(外部リンク)


瀬尾鮎子(ヴァイオリン)
4歳よりヴァイオリンを始める。東京音楽大学卒業。荒井英治、小野耕之補、故鈴木共子の各氏に師事。在学中より南米音楽に興味を持ち、アルゼンチンタンゴの楽団にて演奏を始める。2005年タンゴ四重奏団「キサスタンゴ」を結成し、ライブ公演やクルーズ客船に乗船する等活動。12年客船「飛鳥Uワールドクルーズ」にタンゴショーのメンバーとして乗船。また日本では数少ないメキシコ音楽マリアッチの楽団やフォルクローレ奏者としても活動しており、高度なテクニックを駆使しクラシック音楽とラテン音楽のヴァイオリニストとして活躍している。
瀬尾鮎子ウェブサイト(外部リンク)


丸野綾子(ピアノ)
愛知県立芸術大学音楽学部作曲専攻卒業。在学中よりタンゴ演奏を始め、卒業後に拠点を東京に移し現在も様々なグループで演奏中。2015年パブロ・シーグレル氏より手ほどきを受け、その後ブエノスアイレスに渡りアンドレス・リネツキー氏のもと研鑽を積む。16年「2台ピアノで奏でるタンゴの世界」と題しリネツキー氏を日本に招聘、タンゴ史にも珍しくまた日本人初となる2台ピアノによるタンゴコンサートツアーを行った。また同年より故郷である静岡県袋井市のふくろい未来大使に就任。17年2台ピアノによるタンゴコンサートを収録したCD「Para lucirse 輝くばかり -Tango a dospianos-」を発売。
丸野綾子ブログ(外部リンク)

■ヒラルディージョ事務局
神奈川県横浜市港南区港南台5−15−30
TEL:070−6632−8367
MAIL:info*giraldillo.org
(迷惑メール対策のため、@を*に置き換えています。メール送信の際は、*を@に置き換えてください。)