ESTAMOS AQUI(戸塚)


ヒラルディージョ・フラメンコ&ラテンライブvol.141
ESTAMOS AQUI
〜田邉義博追悼 アルゼンチンタンゴコンサート〜
※こちらの催し物は終了しました。今後の予定は「コンサート・イベント情報」をご覧ください。

■日程
2018年5月12日(土)
13時30分開場 14時開演

■場所
戸塚区民文化センター さくらプラザホール
JR戸塚駅西口 徒歩3分 戸塚区総合庁舎4階

■入場料 
前売券:2500円(全席自由) 当日券:3000円
※事前購入やご予約などで会場の定員数に達した場合は、当日券は販売いたしません。ご了承ください。
※未就学児は親子室への入場となります。要事前申込。定員はすくないので、ご希望の方はお早めにご予約下さい。
※車椅子対応席もあります。数に限りがありますので、ご希望の方はヒラルディージョ事務局までお問い合わせください。

■出演者
歌・語り:長浜奈津子 ピアノ:サッコ香織 ヴァイオリン:瀬尾鮎子 バンドネオン:鈴木崇朗 踊り: チヅコ&エセキエル・ウディマ(ダンスペア) 

■チラシ画像(クリックをすると原寸大の画像が開きます)






■詳細
昨年5月急逝したバンドネオン奏者、作曲家、田邉義博を追悼し、次世代のアーティストが継いでいくアルゼンチンタンゴのコンサート。
公私共にパートナーであったタンゴ歌手、長浜奈津子が語り、歌を歌い、生前交友のあったアーティストがタンゴの名曲、田邉作曲のタンゴの曲などを演奏。それと共にアルゼンチンタンゴ世界選手権優勝のChizukoと、世界で絶賛されたミュージカル「フォーエバー・タンゴ」で活躍したアルゼンチン人ダンサー、エセキエル・ウディマのペアによる踊りをお届けします。
田邉の足跡を残すだけでなく、タンゴの素晴らしさを共に分かち合い、多くのタンゴファンが喜んでいただける内容を予定しておりますので、ぜひお越しください。

■出演者の写真、音源など
今回出演される主な出演者の写真や演奏を写真・音源のページで公開しております。興味のある方は、ぜひご覧ください。

ユーチューブにエスタモス・アキで田邉などが演奏している動画がありますので、ご覧ください。こちらは外部リンクになります。
首の差で(演奏:エスタモス・アキ)
マレーナ(演奏:エスタモス・アキ 歌:長浜奈津子)
バンドネオンの嘆き(踊り:エセキエル・ウディマ)

■チケット購入方法
・さくらプラザホール受付にて販売中。(窓口販売のみ)

・チケットオンライン、カンフェティチケットセンターにて予約、セブンイレブンで代金の支払い、チケットの発券もできます。

チケットオンラインで予約し、セブンイレブンで代金を支払い、チケットを受け取る場合はこちらをクリック。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓


電話で予約して、セブンイレブンで代金を支払い、チケットを受け取る場合は、書くものを用意して、こちらへご連絡ください。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
・カンフェティチケットセンター
フリーダイヤル:0120-240-540
営業業時間:平日10時〜18時(土曜日・日曜日・祝日は休み)

詳細は、チケット購入方法のページをご覧ください。

・お近くにセブンイレブンがない方、ホール受付にて購入できない方は、ヒラルディージョ事務局にて予約受付中。前売料金は当日会場にてお支払いください。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
ヒラルディージョ事務局
電話:070-6632-8367
メール:info*giraldillo.org
(迷惑メール対策のため、@を*に置き換えています。メール送信の際は、*を@に置き換えてください。)

■主な出演者プロフィール
ESTAMOS AQUI(エスタモス・アキ)
故田邉義博主宰のタンゴ小編成楽団。エスタモス・アキとは、スペイン語で“我々はここに居る”という意味。
主旨は様々な世代の、異なる音楽経歴、環境、意識を持つ自立した音楽家たちが、21世紀初頭の東京で、タンゴの名の基に集い、演奏活動を共にする。
タンゴ生誕の地、ブエノス・アイレスから遠く離れた東京でも、タンゴを愛し演奏する人間がいること。そしてその人間の持つ誇りや気概のようなものを表したくて命名。

グループ名としてはコンフント・デ・タンゴ(タンゴ小編成楽団)/Conjunto de Tango 《エスタモス・アキ ESTAMOS AQUI》とする。


田邉義博(故人 バンドネオン奏者、ギタリスト、作曲家、編曲家)
アストル・ピアソラとオスバルド・プグリエーセの音楽を知り、タンゴとバンドネオンに傾倒する。
1989〜90年ブエノス・アイレスに滞在。フロレンシオ・バレーラにホームステイし、アルトゥーロ・ペノンに師事。
一時帰国後、再度渡亜し、市内サアベドラで自炊生活をしながら、ダニエル・ビネリに師事しバンドネオンの基礎を学ぶ
97年、プグリエーセ追悼コンサートにためブエノス・アイレス市立アルベアール劇場に出演。
帰国後、バンドネオン奏者ルーベン・イダルゴに師事。その後、カンデラリアに定期出演。また、ギタリストのアンヘル・ミランダとデュオを組む。  
2007年、自主制作CD「エスタモス・アキ」を録音。
現在はタンゴ・バンド「エスタモス・アキ(我々はここに居る)」主宰し都内近県でライブ活動するほか、バンドネオンの基本奏法の指導にもあたっている。
田邉義博ウェブサイト(外部リンク)


長浜奈津子(歌・語り)
桐朋学園大学短期大学部芸術科 演劇専攻科卒業。女優としての基礎を学び、1988年劇団俳優座へ入団。以来、演劇の舞台に多数出演。現在は、女優として舞台に立ち、また、タンゴ歌手としてもプロ活動を続けている。
2002年アルゼンチンタンゴに出会い、情熱的でメランコリックな音に魅了され、独学でタンゴを歌い始める。
2003年よりタンゴ楽団「エスタモス・アキ」へ歌手として参加、都内近県ライブハウスでやコンサートホールでタンゴを歌う。
2005年ブエノスアイレスへ短期留学。
コロン劇場のヴォイス・トレーナー、オスカル・アミルカル氏の個人スタジオにて学ぶ。「カサ・デル・タンゴ」にてチャリティーコンサートに出演、タンゴを歌う。
ライブでは詩情あふれるタンゴの詩を朗読しながら歌の世界へと誘う。
長浜奈津子ウェブサイト(外部リンク)


サッコ香織(ピアノ)
神戸女学院大学音楽学部ピアノ専攻卒業。卒業後、ジャズ音楽を安藤義則、南博、宮下博行の各氏に師事。 その後 甲陽音楽院にてジャズピアノ専攻。単身 NY に渡り Mike LeDonne 氏に師事。
2011年ピアソラ最後の楽団にいたヌエボタンゴピアニストの巨匠、Pablo Ziegler 氏のプライベートレッスンを受け、タンゴ音楽の魅力に取り込まれる。岩崎浤之氏にタンゴピアノ及びアレンジを師事。
2013年1月単身アルゼンチンに渡りHernan Possetti 氏にタンゴピアノを師事。また、Casa de Gardel(カルロス・ガルデルミュージアム)でコンサートを行う。タンゴ月 刊紙「La Milonga」のインタビューを受ける。5 ヶ月間の滞在中にレコーディングをタンゴの名門スタジオ ION Estudio にて行い2013年11月、自身のファーストアルバム”Tango de Buenos Aires”をリリースする。帰国後コンサートを再開し、勢力的に活動を行っている。 現在イタリア在住のタンゴピアニスト。
サッコ香織ウェブサイト(外部リンク)


瀬尾鮎子(ヴァイオリン)
4歳よりヴァイオリンを始める。東京音楽大学卒業。在学中より南米音楽に興味を持ち、古典タンゴ楽団にてアルゼンチンタンゴの演奏を始める。
2005年タンゴ四重奏団「キサスタンゴ」を結成し、ライブ公演やクルーズ客船に乗船する等活動。2012年、客船「飛鳥Uワールドクルーズ」にタンゴショーのメンバーとして乗船。2010年、2012年にはアルゼンチン首都ブエノスアイレスにて、歌手フェデリコ・マリアーノ氏とライブ公演を行い好評を博す。その後も活動の幅を広げ、現在ではクラシック・タンゴ・マリアッチのコンサート、ライブやパーティーなどの場において幅広く活躍している。小野耕之補、故鈴木共子、荒井英治の各氏に師事。
瀬尾鮎子ウェブサイト(外部リンク)


鈴木崇朗(バンドネオン)
2001年よりバンドネオンを小松亮太氏に師事。2005年には小松亮太&オルケスタティピカのメンバーとして南米ツアーに参加し、ペルー、パラグアイ、アルゼンチン、ブラジルで公演。好評を博す。同年、単身アルゼンチンに留学し、バンドネオンをオスバルド・ モンテス氏に師事。また同年小松真知子&タンゴクリスタルのメンバーとしてアルゼンチンサンルイス州で行われた国際タンゴフェスティバルに参加した。2007、2008年にはアルゼンチンに留学し、バンドネオンをフリオ・パネ氏、ネストル・マルコーニ氏に師事。
2009年には2×4Tokioのメ ンバーとしてアルゼンチンバリローチェで行われた世界タンゴサミットに参加。また、Bar Sur、BibliotecaNacionalでのリサイタルに参加。
2010年にはオルケスタ・アウロラのメンバーとしてアルゼンチンブエノスアイレスでのレコーディング、ブエノスアイレスタンゴフェスティバルでの演奏、ウルグアイモンテビデオでの演奏に参加。好評を博す。
現在小松亮太&オルケスタティピカ、小松真知子&タンゴクリスタル、オルケスタ・アウロラ等で活動中。
鈴木崇朗ウェブサイト(外部リンク)


Chizuko(踊り)
相愛大学音楽学部 声楽科卒業。 米米クラブの研修生として上京。その後「マイフェアレディ」「屋根の上のヴァイオリン弾き」「ピーターパン」「狸御殿」「エリザベート」等ミュージカルにダンサーとして出演。かたわら小舞台に役者としても出演。
2004年にタンゴに出逢いアルゼンチンでおこなわれる世界大会ステージ部門にて2006年『5位』入賞。2007年『エレガンシア賞』。2008、2009年フィナリストを得て2010年『優勝』。2009年より アルゼンチンタンゴスタジオ「Efecto Tango」主催。
TV出演(日本):「徹子の部屋」「BSプレミアムタンゴへの情熱」「ワンダーワンダー」「石井竜也のshow time」等。
TV出演(アルゼンチン):「スサーナヒメナ」「ペティナート」等に出演。
Live出演:2016年 石井竜也「 Black Diamond」
タンゴミュージカル出演:2011、2013年「ロコへのバラード」
振付:2015年  CM  EDWIN 「男と女のE STANDARD」篇(瑛太&水原希子出演) 2016年 プロモーションビデオ(中国人歌手)  
Efecto Tangoウェブサイト(外部リンク)


Ezequiel Hudyma(踊り)
多くの老舗タンゴハウスでのディナーショーに出演の後、世界中で絶賛されたタンゴの二大ミュージカル「ForeverTango」「Tanguera」のいずれにも出演している最高峰のダンサーの一人。近年は、アルゼンチンタンゴ世界大会の振付師としても活動の場を広げ、多くの若手プロダンサーを指導している。アルゼンチンでは「ピアソラタンゴ」、「ヴェンターナ」、「ヴィエホバアルマセン」、「マデロタンゴ」など数々のディナーショーに出演。

■ヒラルディージョ事務局
神奈川県横浜市港南区港南台5−15−30
TEL:070−6632−8367
MAIL:info*giraldillo.org
(迷惑メール対策のため、@を*に置き換えています。メール送信の際は、*を@に置き換えてください。)