アンダルシアの風 〜音楽と舞〜(東神奈川)


ヒラルディージョ・フラメンコ&ラテンライブvol.131
アンダルシアの風〜音楽と舞〜
フラメンコ・チャリティコンサート

■日程
2017年7月1日(土)
13時30分開場 14時開演

■場所
神奈川区民文化センター かなっくホール
JR東神奈川駅、京浜急行仲木戸駅から、連絡橋「かなっくウォーク」で徒歩1分
東急東横線東白楽駅 徒歩10分

■入場料 
前売券:2500円(全席自由) 当日券:3000円
※事前購入やご予約などで会場の定員数に達した場合は、当日券は販売いたしません。ご了承ください。
※未就学児は親子室への入場となります。要事前申込。定員はすくないので、ご希望の方はお早めにご予約下さい。
※車椅子対応席もあります。数に限りがありますので、ご希望の方はヒラルディージョ事務局までお問い合わせください。

■出演者
バイレ(踊り):草野櫻子、高野美智子、豊田由紀子、佐藤美由紀 カンテ(唄): 笛田剛史 フラメンコギター:原田和彦

■チラシ画像(クリックをすると原寸大の画像が開きます)






■詳細
スペイン・アンダルシアで生まれたフラメンコの世界にようこそ!今回は、第一線で活躍中のアーティストたちにより、フラメンコの踊りを中心にお届けします。激しく床を踏み鳴らしリズムを刻む靴音と繊細な手の動きが魅力の踊り、鋭く乾いた音色のギター、何かを切に訴えるかのような歌声。踊りはもちろん、ギターの演奏と唄もぜひお楽しみください。なおコンサートの収益は、ヒラルディージョの震災復興支援事業に利用させていただきます。

■出演者の写真、音源など
ユーチューブで今回出演されるアーティストの動画がありますので、興味がありましたらご覧ください。こちらは外部リンクになります。
ソレア(フラメンコギター:原田和彦)
ソレア・ポル・ブレリア(バイレ・踊り:草野櫻子)
アレグリアス(バイレ・踊り:草野櫻子)

■チケット購入方法 
かなっくホール受付にて販売中。(窓口販売のみ)
チケットオンライン、カンフェティチケットセンターにて予約、セブンイレブンで代金の支払い、チケットの発券もできます。

お近くにセブンイレブンがない方、ホール受付にて購入できない方は、ヒラルディージョ事務局にて予約受付中。

詳細は、チケット購入方法のページをご覧ください。

チケットオンラインで予約し、セブンイレブンで代金を支払い、チケットを受け取る場合はこちらをクリック。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓


電話で予約して、セブンイレブンで代金を支払い、チケットを受け取る場合は、書くものを用意して、こちらへご連絡ください。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
・カンフェティチケットセンター
フリーダイヤル:0120-240-540
営業業時間:平日10時〜18時(土曜日・日曜日・祝日は休み)

■主な出演者プロフィール


草野櫻子(バイラオーラ・踊り)
 かえるの詩人、故草野心平は祖父にあたる。9歳から小松原庸子に師事。17歳から舞踊団員となる。81年渡西。エスパーニャ舞踊団に入団し、各地で公演。82年帰国後、フリーになる。88年草野櫻子フラメンコ舞踊アカデミアを開設。92年7年間にわたり、アドリアン・ガリアと舞台創りをはじめる。95年東新宿にスタジオ・タルテッソスを設立。98年音楽舞踊界の登竜門、村松賞を受賞。05年東新宿から麻布台にスタジオ移転。11年メキシコ(ケレタロ)国際ダンスフェスティバルに日本人初の参加。


高野美智子(バイラオーラ・踊り)
 東京外国語大学スペイン語学科卒。在学中フラメンコに出会い小島章司に師事。氏の舞踊団で第一舞踊手、ダンスミストレスとして活躍。91年第一回新人公演で奨励賞受賞。95年フラメンコ界初の文化庁の在外研修員として二年間渡西。ラファエラ・カラスコ、ラ・チナ等に師事。帰国後、「ONNA」シリーズ、「静-SHIZUKA-」等リサイタルを定期的に行う。05年愛知万博閉会記念コンサート、06年「美の巨人」記念コンサート、11年東京文化会館50周年記念オペラ「古事記」等にて振付・出演。オーケストラをはじめとしてフラメンコの枠を超えた活動を行っている。14年河上鈴子スペイン舞踊賞受賞。


佐藤美由紀(バイラオーラ・踊り)
 山形県出身。フラメンコの強烈な存在感とエネルギーに魅せられて東京に上京し、フラメンコを始める。名門JPカルロスアカデミアにて、踊りをアドリアン・ガリア、ラ・チナ、ラ・タティ、カルメン・トーレス、ベレン・マジャなど数多くの世界で著名なスペイン人アーティストに師事、草野櫻子、高野美智子氏に師事。フラメンコのリズムを原田和彦氏に師事。各地公演や東京都内のタブラオに出演中。


豊田由紀子(バイラオーラ・踊り)
 大分県出身。日本画家を目指し上京するが、フラメンコに出会い転身。踊りを本間牧子、加藤美香、草野櫻子、高野美智子、ラ・チナ氏等に師事。リズムを原田和彦氏に学ぶ。都内タブラオに出演中。


笛田剛史(カンタオール・唄)
 群馬県前橋市出身2009年8月、フラメンコを始めるため渡西。同年9月より約一年間エスペランサ・フェルナンデスに師事しカンテ・フラメンコを学ぶ。ファナ・アマジャ、パキ・デル・リオのクラスでバイレ伴唱、トロンボのクラスでフラメンコ哲学を学ぶ。2012年4月から3ヶ月、再び渡西。クーロ・フェルナンデス、マリア・マルケスらに師事。「神保町オーレオーレ」毎月第四火曜日、「神楽坂オー・シャンゼリゼ」毎月第三木曜日出演中。


原田和彦(フラメンコギター)
 東京生まれ。79年フラメンコギターを始める。84年渡西、ベンハミン・アビチュエラ、マリオ・コルテスに師事。帰国後各地の公演、ライブハウスなどに出演。以後3年に1度のペースで渡西、ディエゴ・ロサーダに師事。多くのアーティストの伴奏を務める。94年原田和彦ギターアカデミアを開設。95年東新宿にスタジオ・タルテッソス設立。00年有限会社ジェイ・ピー・カルロス設立。05年東新宿から麻布台にスタジオ移転(エストゥディオ・ソル)。スペイン人アーティストと舞踊教則ビデオを製作する。独自の音楽性と日本人にはないフラメンコのリズムを持ったギタリストとして音楽監督、作曲なども務める。現在は、教授活動も積極的に行い、多くの若手ギタリストを輩出している。また、フラメンコのコンパスの秘密を追及、解明し、フラメンコメトロノーム「MRC1EQUIPO HARADA」、教則CD「KikudakeFlamenco」を商品化。

■ヒラルディージョ事務局
神奈川県横浜市港南区港南台5−15−30
TEL:070−6632−8367
MAIL:info*giraldillo.org
(迷惑メール対策のため、@を*に置き換えています。メール送信の際は、*を@に置き換えてください。)