タンゴ&クラシック・チャリティコンサート(青葉台)


ヒラルディージョ・フラメンコ&ラテンライブvol.80
タンゴ&クラシック・チャリティコンサート
※こちらのコンサートは終了しました。今後の予定は「コンサート・イベント情報」をご覧ください。

■日程
2015年2月21日(土)
13時30分開場 14時開演

■場所
青葉区民文化センター フィリアホール
東急田園都市線 青葉台駅下車徒歩3分
(青葉台東急スクエアSouth-1本館5階)

■入場料 
前売券:2000円(全席自由) 当日券:2500円
※事前購入やご予約などで会場の定員数に達した場合は、当日券は販売いたしません。ご了承ください。
※未就学児の入場はできません。ご了承ください。
※車椅子対応席もあります。数に限りがありますので、ご希望の方はヒラルディージョ事務局までお問い合わせください。

■出演者
小川紀美代(バンドネオン)、カルテット・カノーロ(弦楽四重奏団)、長浜奈津子(司会)

■チラシ画像(クリックをすると原寸大の画像が開きます)



■演奏予定曲
想いの届く日(ガルデル)、G線上のアリア(バッハ)、弦楽四重奏曲第14番ニ短調「死と乙女」第1楽章(シューベルト)、他

■詳細
 アルゼンチンタンゴとクラシックの世界へようこそ!「音楽と踊りで何か被災地支援ができないか」という想いではじめた東日本大震災チャリティコンサートもこれで40回目。今回はあえて踊りはなく、タンゴを代表する楽器バンドネオンとクラシックの弦楽四重奏団による演奏をお届けします。それぞれの演奏はもちろん、バンドネオンと弦楽器のアンサンブルもお楽しみに!すばらしい響きのホールで、歌心あふれるバンドネオンと色彩豊かな弦楽器によるタンゴやクラシックの名曲につつまれてはいかがでしょうか。
 なお必要経費以外の収益金は、東日本大震災復興支援事業に利用させていただきます。

■出演者の写真、音源など
今回出演される主な出演者が、以前に出演した時の写真や演奏を写真・音源のページで公開しております。興味のある方は、ぜひご覧ください。

またユーチューブでも小川紀美代さんの過去のライブ動画がありますので、ご覧ください。こちらは外部リンクになります。
想いの届く日(演奏:小川紀美代)
アルフォンシーナと海(演奏:小川紀美代)
リベルタンゴ(演奏:小川紀美代)

■チケット購入方法 
チケットオンライン、カンフェティチケットセンターにて予約、セブンイレブンで代金の支払い、チケットの発券もできます。
※フィリアホール受付では販売しておりませんので、ご注意ください。

詳細は、チケット購入方法のページをご覧ください。

電話で予約して、セブンイレブンでチケットを受け取る場合は、書くものを用意して、こちらへご連絡ください。

・カンフェティチケットセンター
フリーダイヤル:0120-240-540
営業業時間:平日10時〜18時(土曜日・日曜日・祝日は休み)

■主な出演者プロフィール


小川紀美代(バンドネオン)
日大芸術学部卒。バンドネオンの音色に魅せられて、ほぼ独学で奏法を学び始め、2001年単身ブエノスアイレスに渡る。03年、アルゼンチン最大の音楽祭「コスキン・フェスティバル」に出演、05年には大統領府博物館ホール他4ヶ所の公式コンサートに参加。11年、ドイツ在住のアルゼンチン人ピアニスト・JOSEHERNANCIBILSを招聘、日本ツアーでは、被災地でのチャリティーコンサートも行なった。アルゼンチンタンゴに限らず、CM音楽や劇伴への参加、演劇やダンス、映像、現代美術などとのコラボレーションに積極的に取り組んでいる。


カルテット・カノーロ (弦楽四重奏団)
桐朋学園の同期生、上原千陽子(ヴァイオリン)、佐藤茜(ヴァイオリン)、柳沢朋子(ヴィオラ)、三間早苗(チェロ)により、2003年結成。日本・ロシア音楽家協会主催による演奏会『サウンドルート2003』にて、A.ムナツァカニアン氏の弦楽四重奏曲第2番を日本初演。安部幸明氏の推薦を受け東京文化会館での『日本の作曲家による室内楽連続演奏会』に出演。筒井はるみ氏に室内楽を師事。05年夏にイギリス・ウィンダミアにて開催されたLDSサマースクール&フェスティヴァルにてシュカンパ弦楽四重奏団、クリストファー・ローランド、チリンギリアン弦楽四重奏団のクラスを受講。 06年より定期演奏会を中心に活動を続けている。

■ヒラルディージョ事務局
神奈川県横浜市港南区港南台5−15−30
TEL:070−6632−8367
MAIL:info*giraldillo.org
(迷惑メール対策のため、@を*に置き換えています。メール送信の際は、*を@に置き換えてください。)